玉城デニー議員周辺の怪しい話

2018年4月12日、事は始まった!

衆議院議員会館内の玉城デニー事務所鹿島建設田代副社長、中村明久&大山?らが集まり、玉城議員の仲介による会談がもたれた。
この時、議員に仲介料は流れたのか?贈収賄事件!司直は重大な関心を寄せそうだ。
これが、被害者から搾取した資金の一部なら二重の犯罪が成立する!

 

【玉城デニーの辺野古利権の構図】

玉城デニー+小澤一郎

中村(鈴本)明久 【浜松在住】

下地(建設業者)
宜野湾市伊佐・名護市・那覇市に事務所あり

国場組・鹿島建設

 

 

インサイダー事件!?

さいたま市議&反社会勢力が「浦和西口高砂地区再開発計画」に絡み、インサイダー(内部情報)取引の噂!!

さいたま市議の青葉健二(自民党)は、未公開段階で議会における極秘事項(再開発エリア)を反社会勢力(広域暴力団関係者)である横山博美(通称)に漏らした。その情報を入手した横山は、自ら経営する不動産会社㈱ファースト・ハウジング(代表取締役・増田博美)の社員に指示し、再開発エリア内の不動産買収を画策した。
市議会議員が反社会勢力と与し、行政の再開発計画を妨害するがごとき行為に出ることは全くもって許しがたい。このまま特定不動産会社が介入・買取に走れば、地価は高騰、行政の再開発に齟齬(そご)をきたし計画の長期化や予算オーバーを余儀なくされてしまう。
さらに当市議は過去に「さいたま市議会を私物化しているして、右翼団体「日本憲政社」に糾弾されたという、いわく付きの人物なのである。
市会議員の地位を利用し、反社会勢力とタッグを組んで行政利権を食い荒らす行為、そこに贈収賄はなかったのか、も気になるところだ。本紙は徹底追及し、この件を公表・告発する。

スーパーゼネコン(鹿島建設)に関する怪文書・沖縄県知事候補予定玉城デニー関与?!(翁長雄志一派) 大スキャンダルに発展か?

三井住友銀行本店を舞台に繰り広げられる5000億の融資話?!

その使途は、福島原発(東京電力)による除染放射性廃棄物(現状は野積状態で放置) の最終処分場建設資金。然し、鹿島建設本体なら頷ける話だが、田代副社長個人口座(三井住友銀行本店・証拠写真)を使うところにキナクサさ(詐欺?)を感じる。

資金確約書(証拠写真)の真偽は?

何故、このような文書が作成され、鹿島建設田代副社長(当時)直筆サインをしたのか?まだ解消されていない。
然し、別なところでは田代副社長の受託書をネタにビッグビジネスに発端するとして複数の人物が「寸借詐欺」同様の被害に遇い、事件化しようとしている。鹿島建設田代副社長との接触工作に国会議員・玉城デニーや玄葉光一郎などの名前も上がり、司直も重大な関心を寄せている。本誌は被害者に逢い、徹底取材を敢行し、公表告発する。

複数の国会議員も関与?!玉城デニーや玄葉光一郎が絡む?!

被害者Tに工作資金を振り込ませた中村明久は産業廃棄物処理業の関係を持ち出し、国会議員・玉城デニーや玄葉光一郎を鹿島建設田代副社長への工作に利用すると被害者Tに語り、実際にやり取りしたメールや携帯電話で通話している所を見せて総額600万を資金提供する様に強引な約束をして資金の一部を振り込ませた。玉城デニーは沖縄の産業廃棄物処理の件と称し、鹿島建設田代副社長を議員会員の自室に呼んだとされる。玉城デニー衆議院議員は沖縄県知事候補として翁長雄志前沖縄県知事に指名された人物である。

 

鹿島建設田代副社長がサインしたとされる確約書

登場人物の名刺

登場人物達が残したメール

鹿島建設田代副社長への面談工作で資金提供を依頼しているシーン動画

被害者Tが振込をした先の中村明久と静岡県浜松市の浜松駅前にあるホテルクラウンパレス浜松のメンバーズサロンで平成30年7月2日午後接触した所、中村明久が激昂し被害者Tに手を挙げた為、浜松中央署からパトカーや刑事が複数出動する騒ぎとなった。本紙は引き続き取材を敢行する。

中村明久

中村明久へ被害者Tが振り込みをした記録の一部

晩節も汚す…

興起元代議士。
選挙に落ち❗
人生も堕ちたか‼
詐偽グループとの関係❗

当紙記者が事件情報入手後真っ先に訪ねたのが、生田ホールディングスの所在地にもなっている小林興起事務所。
受付の女性を訪ねると、彼女は突き当たりの別室に飛び込み、少ししてから戻った。
「所在地が一緒になっているようですが、当事務所とは一切関わりのない会社、との事てす。」
と、小林元代議士の言葉を伝えた。
しかしそれも、
真っ赤なウソだったわけだ❗最後の悪役、登場劇❗

※栃木弁護士が当紙取材アポ(電話)に、
「今、貴社に逢うわけにはいかない、事件の全体像が見えない!政治絡みと言われ
たので受任したが、自分も騙されたようだ!」

 何の事か解らなかったが、依頼の時点で小林興起の名が出ていたようである!

速報!!

五反田&積水ハウス❗
当該詐偽事件の総合プロデューサー内田マイクと小山操を繋いだ北田某が、5年前の詐偽事件で逮捕❗
果たしてそのX ディは?

さらに、今回積水ハウスの取締会茶番劇で就任した安部会長は五反田の現地視察し、陣頭指揮を取っていたとの社内情報あり❗にも拘らず東京支店常務の首を切って手打ちした。
その上、安部会長はハウスメーカーにも拘らず、分譲マンションで収益を挙げたい経営方針。
泥沼の
内紛劇、開幕か。
とにかく、積水ハウス内部はもう一波乱ありそう⁉

コラム

上場企業のモラール❗積水ハウスの63億円詐偽事件の顛末。

「消費者」「一般投資家」置き去りの内部権力闘争の茶番劇❗ 詐偽被害の責任を糾弾した会長が辞任に追い込まれ、責任の所在を明確にしないまま発足した新体制。

 上場企業の矜持とは何か?を考えさせられる結末に終わった。企業とは不特定多数の投資家の下に成り立っていることを忘れてはなるまい❗
 一時は被害を隠蔽、マスコミの先行にやっと被害を認めた。ようやくIRに公表、ここにも経営陣営の姑息な保身が見え隠れする。遅れた被害届けに警察の出遅れは歪めない。その間に同じ詐偽グループによる被害者がでた。

 大企業の隠蔽と保身❗未だ彼らの社会的責任は果たされてない‼

【追加取材】北極星側取材!!!

小山に8000万円の返済を迫ったところ、

「勝手に振り込まれた。戻す気はない!」

刑事告訴するが。

「どうぞ、好きなように!」

ーーどう考えてみても、成り済ましに当該口座を指定しなければ当社が知ることのできない振り込先のものと困惑する。