月別アーカイブ: 2018年1月

「地面師」に狙われた高齢者夫婦‼

手ぬるい警察の追及をあざ笑うかのように暗躍する地面師による「なりすまし」事件!

不動産を対象に、赤坂・五反田・富ヶ谷・新橋・代々木等で継続される同一手口の「なりすまし」事件、その被害額は100憶円を超える。
今回は代々木1丁目の高齢者(85歳・83歳)の所有する土地建物がターゲットにされた。仕掛けた主犯格は「鯨井茂」。2016年、新宿区内の他人のアパートを売却、「9億円を搾取」したとして実刑、現在は執行猶予の身だ。
地面師とは「他人の不動産を自分のもののように偽って、第三者に売却する詐欺」のことである。今回の事件は売買金額3憶5000万円、手付金3000万円が支払われ、1月20日に残金が支払われることになっていたのだが、その間に異変が起きた。主人のS・A氏が不動産を売却した覚えがないと、代理人弁護士を通じて買主に通告してきたのだ。
今回の取引には売主が2人いる。土地の全部と2棟のマンションの一部以外は主人であるS・A氏の所有権。妻のU・A氏の所有権は3階建てマンションの1/2だけ。この妻(83歳)は本物が登場し、主人のS・A氏が「なりすまし」のニンベン(偽者)というわけだ。偽造運転免許証で身分を証明し印鑑証明を取得、登記識別情報を入手している。
不思議なのは、妻が第三者に「なりすまし犯」を主人として紹介していることにある。これは「共同正犯・私文書偽造・同行使・公正証書原本不実記載」が疑われるのである。