月別アーカイブ: 2020年11月

第2弾 「山口みさと 」移籍トラブル

 

 

山口みさと(芸名・大竹月代時代)の忌まわしい過去!!

大竹月代(山口みさと)

商標法違反の疑い

http://blog.livedoor.jp/uranaibomb/archives/53916166.html

 

「関係者取材」

本名・中村加寿恵(54)。広島県大竹市出身。結婚して岡山市に住む。男の子2人の子育ても落ち着いた40才のとき、カラオケ店のマスター兼地元歌手・四国五郎と、「不倫関係」に至り、家を飛び出すハメになった。

其の後、岡山市のラウンジ「エル」「一条」などで「歌うホステス」として、勤め、更に、キャバレー「桃太郎」に勤務。 2012510日、自費出版のCDで「商標法違反」に問われ、岡山西警察署に逮捕される。

更に2014年「夜の岩国空港」をCD発売(自費出版)する(作詞・作曲・枡田一利)が反社会的勢力が関与したとして、岩国市では、歌えない事になる。「ホステス時代から反社会勢力(広域暴力団山口組) に、重宝されていたのが仇となり活動が制限された。

然し、キャバレー「桃太郎」の創業者・森川孝人会長の庇護の元、何とか、桃太郎の専属歌手として糊口を凌いでいた。此処に来て、森川会長が鬼籍に入り、流れが変わった。

新たに現れたダンベ(スポンサー)を篭絡した辺りから、所属事務所とのトラブルが発生した。「二重契約」も、ものともせず、東京進出を画策した辺りから、雲行きが怪しくなり、所属事務所との契約違反行為が発覚した。

契約先は、悠プロダクション(岡山市)を経由して、東京の()ケンズファミリーと持参金(1000万円)付きで移籍するという話が誠しやかに囁きはじめられた。今、所属事務所が所有するマンションからも立退きを迫られ、

二重契約のペナルティーを要求されている。

現在54才の地方の演歌歌手、上京して勝算はあるのか?所属事務所に対し、「恩を仇で返す」諸行に争いは継続しそうである。

コロナ持続可能給付金!「不正受給は」詐欺罪!

コロナ給付金、申請簡素化を悪用、持参金1000万円を用意できる人物が、「不正受給」!「確定申告書の控え」を架空で作成、「売上げ台帳」を偽造し、持続化給付金事務局に申請すれば、申請者に100万円が振り込まれる仕組み。不正が行われたかどうか?は後日審査。

かくて、「山口みさと」は、岡山県警本部に告発された。

悠プロ・ナガトモ社長(岡山県)取材

山口みさとの逮捕問題について、

Q・ちゃんと取材しているのか?逮捕など無かった。「嘘の記事」を掲載されて仕事が無くなった。どうしてくれるのか?

A・大竹月代時代に、確かに岡山西警察署に逮捕されている。当時の新聞でも報道された事実がある。更に、同事件で一緒に逮捕された人物の証言も得ており、本紙取材にミスはなく、悠プロ・ナガトモ社長の調査ミスである。

Q・更に、従来所属してい芸能プロダクションに所属したまま(給与支払い証拠あり)、悠プロと所属契約をしており、明らかな「二重契約」であり、損害賠償請求訴訟の対象になる。

A・「二重契約」など無い。それなら所属契約はしなかった。契約は無かったと認識している。

Q更に、東京の大手芸能プロ・田辺エイジェンシーの名前を出し(ケンズ・ファミリー・

野口社長は、100%子会社)、此処に逆らえば仕事は出来なくなる。「手を引け!」と、恫喝しているが?ケンズ・ファミリーとはどのような関係か?「ケンズファミリー岡山支店」との話が聞えているが?

A・関係ない。悠プロは独立した芸能プロダクションである。

以上

(株)ケンズファミリ(野口社長)は、沈黙を守る。

オフィス TEL & ハンドホーン共、呼び出すが応答はない!!