「高齢資産家」ターゲットに「投資詐欺事件」

「高齢資産家」ターゲットに「投資詐欺事件」

黒幕、「大竹重子」の正体!!

外国人詐欺師グループと共謀して30億円をかき集めた稀代の女詐欺師・「自称元スチュアーディス」

本社ビル

大竹重子

 

今回の詐欺事件は大竹重子と手を組んだ仕掛人「浦辺克美」の暗躍!!

ターゲット(株)ポータ工業 代表G氏(87才)に接近したのは、約1年前。G氏は「藤原鎌足」の末裔を自慢し

家系図が存在すると云う。

彼らが狙ったのは法人乗っ取り(ポータ工業は優良企業)&資産食い潰し!!

手始めが今回の事件!!

本社ビルを担保に、(根抵当権5000万円・(株)コスモ・デベロップメント)

金融会社を繋いだのは鯨井茂(地面師)&土屋某で融資金の中から500万円搾取

2000万円の資金が動いた。その全額を搾取!!

ノンバンク、コスモに差し入れた借用書は3000万円。本人の手に乗ったのは、1500万円。その金額が浦田克美に搾取され、大竹重子に流れた。

名目は「奇想天外」、米軍保管のドル(5億ドル箱x4)20億ドルを2000万円の換金投資話!!

然し、取材をしていくと不思議な事実が発覚した。

G氏は、身分証も印鑑等も所持せず(娘が預かっている。)

どうして、抵当権が設定出来、資金調達が出来たのか?

「有印私文書偽造の同行使か?」

G氏の印鑑、カード、権利書等は娘で(株)ポータ工業の取締役が保管管理している事実。

更に、融資した上野の(株)コスモ・デベロップメントは悪質街金で、その世界では有名な金貸し。

取立ての厳しさは一様ではない。

(株)ポータ工業、取締役 後藤麻利子氏(娘)

取材

Q: 御社の本社ビルに抵当権がついたことを知ってますか

A: え?知りません

Q: 他からの情報で社長の印鑑証明等は取締役が預かっているときいたが事実か?

A: 私ではないが、社長は何も持っていないです。どうして抵当権がついたのですか?

Q: 上野のコスモという街金から5000万円の根抵当権が設定されています。

  謄本をとって調べてください。

A: ・・・・・・

Q: 有印私文書偽造同行使の可能性があります。

A: ・・・・・・

〜怪文書〜 (東洋時事ジャーナルに投稿)

藤原家の末裔後藤恒雄氏が起こした犯罪!

港区役所から印鑑証明書の不正取得  ここから詐欺師大竹茂子に金が流れた訳は

詐欺師 浦辺克美 が仕組んだお粗末すぎる犯罪の手口とは、今回の三文詐欺達に関わる人物達 鯨井茂は保釈逃亡中、 大竹茂子は自称元外交官、アメリカ軍隊の傭兵用準備金20億ドルが訳有りでこれを3000万円で売り渡すと言う触れ込みで手先の浦辺克美を使いい 浦辺克美は1年前から資産家の藤原家末裔の後藤恒雄氏に取り入り、おん歳87歳の後藤社長はまんまと浦辺克美の詐欺話を信じ込んで今回のサギ被害を受けたと言う事件。

今から一年前に浦辺克美のサギ話に乗った後藤恒雄社長は自宅とする汐留ツインパークの部屋を担保に1億円の融資をある中国人から借り受けようとしたところ、後藤恒雄氏がの長女の知るところになって 長女は父親の印鑑カード 権利書 身分証明書一切取り上げられていたのである、

其の後浦辺克美は 後藤社長の管轄の港区役所に幾度となく訪れ後藤恒雄氏の印鑑登録を試みたところ登録は否認され続け一年近くも後藤恒雄氏への融資は実現されなかったのである、

浦辺克美は後藤恒雄氏への融資ばなしを しりあいの 古賀茂子に持ち込み古賀茂子は仲間の土屋 某 にこの話を更に持ち込み、土屋は矢澤五十則に依頼してから 、矢澤の手によって急転直下 後藤恒雄さんの印鑑登録と身分証明書 保険証が港区役所から交付されたのである

 

 

後藤恒雄氏の嘘

浦辺克美の嘘

港区役所には印鑑登録カード 権利書 身分証明書はバックに入れてそっくり無くしたと 矢澤五十則に言い訳し、信じた矢澤はその状況を港区役所住民課担当職員に申告し 交付を後藤恒雄氏に受けさせたものであれば、明らかに後藤恒雄氏の役所に対する 個人情報に関わる印鑑登録 保険証の交付の虚偽申請に当たり、警察関係の公益財団法人の理事長としてあるまじき違反行為である。

 

 

 

地面師、架空投資詐欺師集団が登場する高齢者を狙った当該詐欺事件❗警察も重大な関心を寄せるだろう。本紙は被害拡大抑止の為に、徹底取材を敢行し、公表、告発する❗

 

 

仕掛人、浦田克美の名刺上の所在地は銀座ビジネスセンターという貸し机オフィス❗取材に訪れるがモヌケの殻。

 

公益財団法人「日本防犯安全振興財団」理事長後藤恒男ここが可笑しい⁉️

区役所に「印鑑登録カード、身分証明等を入れたカバンを紛失した」と、虚偽の申告をして再発行させた。挙げ句、今回の詐欺事件に遇ってしまった。しかも、カード、実印等は家族が心配して、取り上げ保管していた。

当該財団は内閣府より公益財団法人として認定を受けた立派な財団。更に、当財団の目的は、「犯罪防止の知識、技術を普及させ防犯環境づくりを行い犯罪のない安全、安心な生活の実現に寄与する事を目的とする」と謳っている。

今回の詐欺事件に於いて、当理事長は二つの大罪を犯した「区役所に虚偽の申告をした」「犯罪予防どころか、己の愚かさで新たな犯罪者を造りだした」格言があるそこに金が落ちていたら腹を空かした者は必ずネコババする

公益性を認められた団体のトップのイレギュラーな行為に世間も家族も戸惑っている

池袋の交通事故を思い出して欲しい高い地位と成功を修めた高齢者には共通の発想が存在する。「驕りと老害だ‼️

 

 

iQiPlus