第2弾「高齢資産家」ターゲットに「投資詐欺事件」

「速報」ポータ工業詐欺事件‼️

 

本紙情報による事件発覚翌日、関連して、港法務局で一騒動が起きた。被害者後藤恒男社長が居住する東新橋1丁目、47階建タワーマンション「東京ツインパークス」の登記簿謄本に「1000万円の抵当権設定仮登記」ー偽造書類による架空債権ーを、山田静なる人物が法務局窓口に持ち込み、受理された。ところが、不審を感じた担当者が麻布警察に通報駆けつけた捜査員に身柄を確保され事情聴取を受けた。山田は事情を聴かされておらず、土屋高之から小遣いを貰ってのバシリ、慌てて一旦受理された登記書類を引き下げた、ようである⁉️鯨井茂と組んで500万円の搾取に飽きたらず、再度、自宅にチョッカイをだそうとしたようである登記書類ー本人申請登記ーは、新宿法務局側のS司法書士作成の物と判明した。土屋らの一連の行動は、後藤社長の財産処分を自分たちの手で行うための下工作。仕事師の誰もてが出せないように「閉鎖謄本」を目論んだ然し、本人が了解していない事項であり、偽造書類によるもので犯罪有印私文書偽造、同行使」であり、登記設定されれば「電磁的公正証書原本不実記載」に問われる。

 

 

 

 

 

iQiPlus