いすみ太陽光発電施設工事現場で重大な森林法違反事件!

いすみ太陽光発電施設工事現場で重大な森林法違反事件!

元請業者「株式会社新昭和(代表取締役・松田芳彦、千葉県君津市)」は、現場で森林法違反(伐根・伐採材の埋め戻し、および開発許認可前の伐採)があったことを認めた。そして、それを理由に工事が中断、下請け・孫請け8社を相手取り、請負契約の解除を通告してきた(別紙参照)。その上、下請業者らには多額の未払金が発生、悪質な下請け切りが現実となった。
本紙は君津の新昭和に出向き取材を要請したが、取材対象者(長谷川現場総監督・取締役特建事業本部長、鈴木達也)が留守?ということで「文書による取材申し込み」をしてほしいと断られた。本紙記者はその後、関係他者の取材を通じて契約解除、脅迫文、FS・ジャパン・プロジェクト9合同会社との関係書類、を入手したので公表する。さらに、新昭和の卑劣さが関係者の証言により発覚した。下請け切り、多額の未払金、および、自ら認めた森林法違反を放置したまま中断中の工事を他業者「株式会社宮本組(一般土木)、株式会社マルトシ(伐根・伐採)」に発注して再開の構えだ。
本来なら「森林法違反」が発生した段階で開発許可の取り消しである。犯罪を犯したとして下請け切り、未払金を発生させ、舌の根も乾くヒマもなく次の業者に工事を再開させるなど、企業としてのガバナンスがなっていない。
本紙はこの事実をもとに、事業主・発注者であるGSグループに取材を敢行し、不法行為を追及する。
ここにきて孫請け会社による新たな動きがあった。「留置権の行使」で、未払金の回収および損害賠償請求訴訟による対抗姿勢を鮮明にした。

株式会社ベル・コーポレーションの鈴木社長への取材。(平成31年3月5日午前8時38分)

一方的に新昭和が下請け切りをしたわけではない。悪いのは㈱山商である。昨年の暮れに突然、労働基準監督署職員が現場に現れ見ていった。その時は何事もなかったが「再度訪問し、伐採等の状況を見せてもらう」として帰っていった。山商がルールに則らないで「堤防を崩してしまったり、大型クレーンを稼働する場合には周辺住民の許可を取ることになっているのだがそれもせず勝手に稼働させたり、労基の再訪があるので注意するよう毎日の朝礼で説明指導したが結局は労基に『現行犯』で発覚(平成31年1月31日)した」。先週、新昭和・当社・ミナトの3社で労働基準監督署を訪問し謝罪、始末書で事を収めてもらった。
また「脅迫文のことだが、なぜこんなものを掲載したのか?まるで当社がチクったようで困る」この書類は「山商に脅されたことを後日何かがあったときのために自分が活字で残しておいたもの」であり、当社職員がそれを現場事務所に放置していたのを何者かがコピーして持ち出した。
さらに「伐根・伐採材の埋め戻しだが、これは新昭和現場監督も私も承知している」、これはあくまでも暫定的なもので将来ちゃんと搬出する予定だった。

Q.しかし新昭和は今回の下請け切り(ベル社以下孫請けまで)の通知書でも明らかなように、労働基準監督署の重機無免許問題と伐採材の埋め戻しの責任追及のために下請け切りを実行したと語っている。つまり、自ら現場で違法行為が行なわれたことを認めている。責任の全ては元請である新昭和にある。これは「管理能力の問題」であり、下請業者にその責任を被せることではないのでは?

実は先週金曜日(3月1日)に新昭和本社に下請会社が呼び出され、未払いの清算金を支払う約束が成された。その矢先にこのような文書を掲載されては話がまとまらなくなるし、当社が情報提供しているように思われるのは心外である。

iQiPlus